専修学校 静岡学園早慶セミナー
資料請求 | お問い合わせ | モバイル | リンク | サイトマップ | プライバシー  
静岡学園早慶セミナー > 大学受験科案内 > 先輩たちの声
コース案内
>本校のメリット
>チューター
>講師紹介
>先輩たちの声
<空>
<空>
<空>
<空>
<空>
<空>
<空>
先輩たちの声
 

○北海道大学(文)入学、早稲田大学(教育)、同志社大学(文)合格



夏までは高校三年間の総復習、秋からは問題演習が中心の授業だったので、知識を整理してから実践問題に入ることができました。
高校の授業とは異なり、全てが大学入試に直結する内容であるため、授業と予習復習だけで、学力はかなり伸びるのではないかと思います。
私自身は国立大志望だったため、英熟語の細かな表現などは出ないから軽めに復習しておけばよいと思っていいたところ私立大でことごとく出題されてしまったので、授業内容で捨ててもよい知識はないということを痛感しました。
少人数での授業が多かったため、生徒の理解に合わせた授業を行ってくれました。質問にも行きやすかったです。

夏期講習ではそれまでの復習だけでなく、新たな学習もするため、できれば全教科を重荷にならない範囲で受講するのが一番良いのではと思いました。
冬期・直前講習では実戦の入試に近い形の講習が多くなります。そのため、新しい事を学ぶというよりは、入試を受ける際にどう時間配分をしたらよいか、ということを考えて受講するのが良いと思います。

 

○名古屋大学(工)入学、同志社大学(理工)、日本大学(理工)合格


静岡城北高校出身

早慶セミナーの授業では、基本をまとめる前期と、応用的な問題をやり仕上げていく後期に分かれています。
前期では講師の先生方が基本事項の確認や、間違えて覚えやすい所などを丁寧に指導してくれます。
授業で使うテキストも各分野ごとに公式などもまとめられています。
問題も基本を固めるための問題ですが、簡単すぎる難易度ではなく、ある程度自信がある人でも身になるものとなっています。
後期では難易度も適度に難しくなり、先生方もテキストに載っていない頻出問題を出題してくれて、テキストだけでは補えない部分も勉強できます。
一年間しっかりと予習復習をすることにより難しい大学の入試にも対応することができる学力をつけることができます。

講習では、自分が苦手で先生の説明をしっかりと聞きたい科目は講習で学び、ある程度自分の実力に自信があるものは長期休みを利用してむずかしめの問題集に挑戦する等、自分で計画を立てて勉強することができます。
講習の空き時間には先生方に質問、相談することもできます。

 

○神戸大学(経営)入学、明治大学(政治経済)、同志社大学(経済)合格


静岡高校出身

河合塾をはじめとした講師の方々が授業をしているので、授業の質は基本的に良質なものだったと思います。
また、前期は基礎を中心とした授業を行っているため、安心して学力の向上を目指すことができます。
しかし、授業を受けるだけでは学力向上はあまり見込めません。
予習復習及び単語の暗記等の自主的な要素も併せてこなしていくことで初めて受験で戦える学力が身に付きます。
後期の授業では演習も入ってくるし、授業選択の自由度も高くなるので、自分の学習状況に応じて授業を組むと良いと思います。

講習は多くとるのはおすすめしません。
この期間は前期・後期の授業の復習に集中するべきだと思います。おそらく他にまとまった時間をとることはできないし、テキストを完璧にするには何回も復習する必要があるので、この期間にやってしまわないと手をつけなくなってしまします。
一定期間授業がなくなることが不安な方は、自分の苦手な分野についての講習を受講すると良いと思います。

 

○麻布大学(獣医)入学、北里大学(獣医)、酪農学園大学(獣医)合格


清水南高校出身

早慶セミナーでは、多くの講師の方々の授業を受講することができます。
授業では基本的にテキストを中心に行うので、テキストの予習、復習はとても重要です。
河合塾のテキストはとても良質なので問題集などを買う必要はありません。
授業をしっかり受け、テキストの予習、復習をおろそかにせずに行えば、偏差値は上がっていきます。
また、授業を受けていくにつれて自分に合った講師が見つかると思うので、その先生にどんどん遠慮せずに相談や質問をすることをおすすめします。講師の方は皆優しく熱心なのですぐに仲良くなる事が出来ます。講師との信頼関係は浪人生活においてとても重要なことなのでどんどん質問してください。

講習期間は自分の弱点を克服する必要があります。
この時期はだらける人が多くなる時期なので、流されず、自分の弱点を克服しつつ、緊張感を保つために、夏期や冬期講習を受講したほうが良いと思います。講習をうまく受講することで、自分のペースを崩すことなく、普段通りの生活を送ることが来ます。

 

○岡山大学(文)入学、関西学院大学(文)、立命館大学(総合心理)合格


富士東高校出身

私は現役時のセンター英語筆記の得点が85点で、志望大学を目指すために、新たに数学UBと公民科目を勉強しなくてはならない状況でした。なので、英語が苦手な方や、志望校に不安な方は、まずは自信を持って一番行きたい大学を目指してください。
早慶セミナーでは経験豊富な先生方が熱心かつ丁寧に指導してくださいます。
英語では特に今まで知らなかったことを教わり、目から鱗が落ちる思いをしました。
90分の授業でも飽きることの無いよう、時には面白おかしく授業してくださるのでやはり、高校の授業とは違います。先生方の授業と河合塾のテキストを信じて、とにかく予習、復習を熱心に行ってください。
そうすれば必ず実力がついてきます。

講習では短い期間ですが、重要なポイントを整理し、有益な情報を得ることができます。
しかし講習はあくまでもプラスアルファと考えるべきであり、とりすぎは禁物です。普段の授業の復習は思っているよりも時間がかかり、たくさんあります。まずはその復習を徹底したほうが良いです。
そのうえで、講習を弱点補強として、または、得意科目のレベルアップとして、自分でしっかりと計画をたてて受けてください。 上手に講習を組めば必ず実力を伸ばしてくれます。

 

○中央大学(商)入学、学習院大学(経済)、日本大学(経済)合格


静岡学園高校出身

先生が目の前で授業を行い、授業後に先生の所へ質問に行くことができるのは成績アップにとても役立ちます。授業の無い日でも近所の図書館ではなく早慶セミナーにできるだけ行くようにしていました。
先生方や自習室、過去問の貸し出しを最大限利用することが志望校合格につながります。
中には、勉強の意識が低く、長時間休憩室に居座ってします人もいます。そういう人達に流されず自分の意志を強く持つことも大切です。
とにかく毎日早慶セミナーへ通うこと、これを習慣化し、何か疑問点があればすぐに先生方やチューターに相談へ行ってください。必ずいい結果につながります。

講習は、必要な講座を取りつつ、ちゃんと空き時間も作り、自習できる時間を作った方がいいと思います。
予習、復習でいっぱいいっぱいになってしまわないよう、受講する講座をよく考えてとってください。
夏は前期の復習を中心に、少な目にとると良いと思います。講習中も先生方に積極的に質問に行き、自習室をどんどん利用してください。

 

○立命館大学(法)入学、専修大学(法)、東洋大学(法)合格


焼津中央高校出身

私は浪人するにあたって文転したため、文系科目がとても不安でした。
特に政経は高校でまったく習っていませんでしたが、先生が受験から少し逸れた話を交えながら教えてくれたので、最終的に一番得意な科目になりました。
早慶セミナーで一番良かったことは、冷暖房完備の自習室が利用できたことです。
最初の頃は自分が取っている授業が終わるとすぐに家に帰ってしまっていましたが、夜遅くまで自習室で勉強している周りの人たちを見て自分も9時過ぎまで自習室に残るようになりました。
私立の中では第一志望だった大学に合格できたのは、4月からセンター試験まで1日も休まず通った成果だと思います。

講習では、自分の苦手な科目や受験において配点の大きい科目を受講するようにしました。
夏期講習では応用的な問題にチャレンジしたり、基礎シリーズでつまづいた科目の基礎を固めるよい機会になりました。
冬期講習のセンター攻略講座は重要なポイントについていっきに確認ができたのでとてもよかったです。
過去問をやる時間や、予習・復習の事を考えるとたくさん受講する必要はないと思います。

 

○静岡大学(農)入学、神奈川大学(理)合格


静岡英和女学院高校出身

現役生のときに不勉強だったため、すべきことが多く意外とすぐに一年が終わりました。
はじめての予備校は新鮮な驚きも多く、他の浪人生からも良い刺激を受けることができました。
私は同じ学校に通っていいた人がいなかったので、この一年は基本的に一人で過ごしていましたが、勉強する時は結局一人なので特に気にならなかったのと、一人の人も多いので大丈夫でした。
もちろん授業が同じで仲良くなれた人もいるので人間関係に関しては心配しなくていいと思います。
私は英語が苦手だったのですが、英語だけで4人の先生に教えていただいたので同じことでも別角度から学べ助かりました。
数学の授業も同様に複数の先生に教えていただき、現役時から苦手だったところが理解できました。
先生の人数がいるからこそ自分に合った教え方をしてくださる先生にあたる確率が高くなると思います。
授業が入っていると生活にメリハリがつくので空き時間の使いかたがうまくなりました。

このページのトップへもどる
学校法人静岡学園 専修学校静岡学園早慶セミナー
〒422-8076 静岡市駿河区八幡1-1-1 
TEL (054)281-0191 FAX (054)281-8999